PONPRESS|ポンプレス

本業を趣味に、副業を本業に。自分らしく生きるためにパラレルワークを実践するぽんが運営するブログメディア。自分がお得だと思った情報を発信しています。

PONPRESS

【必見!】広告代理店に就職するうえで知っておきたい3つのこと

f:id:sota-motozu:20190129210748j:plain

 

 

人気企業ランキングでは毎年上位にランクインし、就職先として高い支持を集めている広告代理店。それゆえ、ただ華やかだから、クリエイティブな仕事がしたいからと言った理由では内定を獲得することが難しいのが実情です。

 

 

そこで今回は広告代理店へのイメージがまだ漠然としている方に、広告代理店の仕事内容や職種など3つのポイントに絞ってご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

広告代理店に就職するうえで知っておきたいこと①:広告代理店とは

f:id:sota-motozu:20190124025500j:plain


  

皆さんは広告代理店が普段どのような仕事をしているかご存知でしょうか。このような質問をするとほとんどの方が「TVCMなどの広告を作る仕事」「広告枠を買い付ける仕事」といった内容を答えます。

 

 

もちろん広告代理店は上記のような内容も行っていますが、それは数ある業務の中のほんの一部でしかありません。 では広告代理店は一体どのような仕事をしているのでしょうか。それは一言で表すと「クライアントの商品やサービスのマーケティング課題を広告を使って解決する仕事」を行っています。

 

 

広告代理店のビジネスモデル

f:id:sota-motozu:20190129195005j:plain

 

 

「クライアントの商品やサービスのマーケティング課題を広告を使って解決する仕事」と言いましたが、なかなかイメージしづらい方も多いですよね。そこでそのビジネスモデルを簡単にご説明したいと思います。

 

 

一般的に企業とは商品やサービスなどを提供して利益を上げていますが、そこには「商品が世間に認知されていなく全く売れない」「目標売り上げを達成したい」など様々なマーケティング課題が存在します。それらを解決する為には経営コストの削減や人材の育成など様々な解決手段がありますが、その中でも広告を使ってマーケティング課題を解決するのが広告代理店の仕事です。そのため、対象となるものは商品やサービスが多く、その中でも認知、集客、購買などの領域を担います。

 

 

具体的には、まず現状を把握するため、市場、競合、ターゲットなど対象となる商品やサービスに関するあらゆることを分析します。その後、それらの情報をもとに広告の種類やクリエイティブの内容、どのようなメディアに掲載するかを決定し、実行、検証をし課題を解決していくのです。広告代理店はこれらの各業務で発生する手数料を主な収益にとなります。

 

 

広告代理店の種類

f:id:sota-motozu:20190129213635j:plain


  

ひとくに広告代理店と言ってもその種類は様々です。そこで今回は「総合広告代理店」「ハウスエージェンシー」「専門広告代理店」の大きく3つに分類しその特徴をご説明したいと思います。

 

 

総合広告代理店

 

f:id:sota-motozu:20190129200310j:plain

 

 

まずは最初に説明するのが総合広告代理店。電通、博報堂、ADK、大広などがこれに該当し、皆さんが一番馴染みのある広告代理店ではないでしょうか。その名の通り、ありとあらゆる広告を扱うのが総合広告代理店の特徴です。

 

 

 そのためナショナルクライアントとの取引が多く、TVCM、イベント、ネット広告など様々な媒体を連動させた大規模なプロモーションに携わることができるのが魅力です。

 

 

ハウスエージェンシー 

f:id:sota-motozu:20190129201111j:plain 

 

ハウスエージェンシーとは株主である企業の広告を専門的に扱う広告代理店を指します。つまり親会社やグループ専属の広告代理店ということです。

 

 

例えば、JRグループであればJR東日本企画、東急グループであれば東急エージェンシー、トヨタであればデルフィスといった企業が代表的で、意外にも日本の広告代理店の多くがハウスエージェンシーとなっています。そのため、株主である企業の広告はコンペなしで受注できるケースが多く、安定性が高いのが特徴です。

 

 

専業広告代理店

f:id:sota-motozu:20190129201935j:plain

 

 

専業広告代理店とはTV専門、新聞専門、雑誌専門など特定の媒体に特化した広告代理店を指します。その中でも今急速に成長しているのがネット専業広告代理店。サイバーエージェントやオプトなどがその代表的な企業で、広告代理店の売り上げランキングを見ても、多くのネット専業広告代理店がランクインしています。

 

 

 専業広告代理店はその分野において高い知識や多くのノウハウを持っているのが特徴です。そのため一度、専業広告代理店に就職し特定の分野の知識を高めてから、大手広告代理店などへ転職する方も多くいます。

 

 

広告代理店に就職するうえで知っておきたいこと②:職種と仕事内容

f:id:sota-motozu:20190124025106j:plain

 

 

広告代理店には人事や総務のようにどの企業にもある職種もあれば、広告代理店ならではの職種も多く存在します。そこで今回は、その中でも特に知っておきたい3つの職種についてご紹介します。

 

 

ちなみに各広告代理店によって職種や部署の呼び名が違うため、今回は一般的な名称でご紹介します。

 

 

営業職

f:id:sota-motozu:20190129203024j:plain


  

本来、広告代理店の営業職は広告を出したいと考えている企業を獲得することが仕事ですが、大手広告代理店になればなるほど各企業ごとに担当営業が決められているため、新規獲得は活発に行われていません。そのため、営業の仕事は担当企業と社内の間に入り各案件を取りまとめることがメインとなっています。

 

 

具体的には、提案資料の作成、予算やスケジュールの管理、制作進行などです。しかし、実際はそれだけにとどまりません。営業は担当企業に一番近い存在であり、要望を理解しているためときにはクリエイティブやプランニングなどありとあらゆる領域に携わります。

 

 

営業の仕事についてより詳しく知りたい方はコチラを合わせてお読みください。

 

 

クリエイティブ職

f:id:sota-motozu:20190129203251j:plain


  

クリエイティブ職はコピーライター、デザイナー、クリエイティブディレクターの大きく3つに分けることができます。広告を制作するうえで、コンセプトの決定やキャッチコピーやデザインの考案などの業務を行っています。

 

 

そこで決定した内容を制作会社に依頼し具体的な広告を制作していきます。

 

 

マーケティング職

f:id:sota-motozu:20190129204048j:plain


  

 マーケティング職は制作する広告がどうすれば効果を発揮するのか、あらゆるデータを分析をし戦略を立てるのが主な仕事です。

 

具体的には、その商品やサービスに関係する市場、競合、ターゲットなどを分析。それらのデータをもとにロジカルな視点で広告を考えてきます。どんなにクリエイティブがすぐれている広告でも、このロジカルな視点が欠けていると効果を発揮することはできません。マーケティング職はそれほど広告において重要な役割を担っています。

 

 

広告代理店に就職するうえで知っておきたいこと③:労働環境 

f:id:sota-motozu:20190129205021j:plain

 

 

皆さんは広告代理店がどのように働いているかご存知でしょうか。そこで現在も広告代理店で勤務している私が一部ではありますが労働環境についてご紹介します。

 

 

労働環境についてより詳しく知りたい方はコチラを合わせてお読みください。

 

 

労働時間

f:id:sota-motozu:20190124024634j:plain

 

 

ネットなどで広告代理店の労働時間を調べると「残業100時間以上」「24時間体制」「拘束時間が長すぎてボロボロになった」などいう内容をよく目にします。確かにひと昔前まではかなりの時間残業していたようですが、現在は大手広告代理店であればあるほど残業時間が少ない傾向にあります。ちなみに私の場合は月40〜60時間が平均残業時間です。

 

 

しかし、これには例外もあります。1つ目は家に仕事を持ち帰ることがあること。確かに残業時間は減ってきていますが、忙しい時期はもちろんあるので、その場合は家などに仕事を持ち帰ることが多々あります。

 

 

2つ目は小さな広告代理店の場合、残業時間が長い可能性があること。規模が小さいとベンチャー企業という側面が強いため、人事制度などが整っていないことが理由としてあげられます。

 

 

人間関係

f:id:sota-motozu:20190124211250j:plain


  

広告代理店は金融業界や不動産業界に比べると風通しがいい職場が多いため、人間関係の満足度は高いことが特徴です。

 

 

また、広告代理店は個性的で様々な経歴を持った方が多くいます。学歴の高い方はもちろんコミュニケーション能力が高い方や元◯◯◯日本代表など多種多様なため、日々刺激を受けながら仕事を行うことができるできるのも特徴です。

 

 

広告代理店に就職・転職するならエージェントを活用しよう!

f:id:sota-motozu:20190121185805j:plain



皆さんは広告代理店の就職・転職に強いエージェントがあることをご存知でしょうか。これまで説明してきた広告代理店の情報提供や、履歴書の添削、面接の練習など内定までのサポートを無料で行ってもらえます。

 

 

そんな私も現在所属している大手広告代理店に転職する際、転職エージェントを活用しました。そこで私が特におすすめするエージェントを4社ご紹介するので、本気で広告代理店への就職を考えている方は是非活用してみてください。

 

 

また、エージェントの仕組みを詳しく説明した記事も下記へ掲載しておくので興味のある方は是非読んでみてください。

 

 

 

 

 シンアド

f:id:sota-motozu:20181031175756j:plain

 

 

まずはじめに紹介するのは広告・PR業界に特化したエージェント『シンアド』

 

 

圧倒的な広告業界の情報力

 

 

  "BUDDYZ"という広告業界の交流会を頻繁に開催しているため、そこで集めた鮮度の高い情報をもとに企業の提案を行ってくれます。

僕もいくつか転職エージェントを利用しましたが『シンアド』は群を抜いていました!

転職活動を終えてからも定期的にお付き合いしたいくらいです。

 

 

広告業界出身のコンサルタント

 

 

広告業界出身のコンサルタントが多数所属している『シンアド』。

そのため、業界の雰囲気やネットだけではわからない裏事情を知ることができるもの魅力の一つです。

 

 

 

マスメディアン

f:id:sota-motozu:20181031180055j:plain

 

 

次に紹介するのはマーケティング専門誌"宣伝会議"が運営する『マスメディアン』

 

 

宣伝会議で培ったネットワークが強み

 

 

皆さん、"宣伝会議"をご存知でしょうか。

広告やマーケティング情報を専門に取り扱っており、講座や広告賞なども行っている広告業界ではかなり有名なメディアです。

『マスメディアン』では宣伝会議で培った業界の人脈や情報ネットワークを最大限に活かしたコンサルティングが特徴です。

 

 

 専門分野別の求人

 

 

広告業界と言ってもあらゆる業種や職種があります。

例えば下記です。

 

 

▼業種

総合広告代理店、web広告代理店、PR会社、制作会社など

▼職種

営業、プロデューサー、ディレクター、デザイナー、コピーライターなど

 

 

まだまだ挙げればきりがないですが、『マスメディアン』では業種や職種に絞って求人の検索ができるため、あなたの目指すキャリアの求人を見つけることができます。 

 

 

 

ワークポート

f:id:sota-motozu:20181031181035j:plain

 

 

転職決定実績No.1を誇る『ワークポート』

 

 

IT・WEB業界の転職に強い

 

 

ワークポートはIT・WEB業界に強い転職エージェントです。

そのため、サイバーエージェントやオプトなどWEB系の広告代理店へ転職したい方におすすめのエージェントです。

 

 

きめ細かいサポート

 

 

ワークポートの口コミを調べると「丁寧なサポートがとても良かった」「対応が素早い」などといった意見を多く目にします。

このきめ細かいサポートが転職決定実績No.1の理由なのかもしれませんね。 

 

 

 

広告転職.com

f:id:sota-motozu:20181031180806j:plain

 

 

長年、広告業界で転職を支援する老舗『広告転職.com』

 

 

独占求人が多い

 

 

広告転職.comでしか取り扱っていない独占求人が多く存在します。

また、一般的に公開されている求人に比べ、高待遇なものや業界未経験者OKの求人も多く含まれているのが特徴です。

 

 

書類通過率が高い 

 

 

『広告転職.com』は業界に詳しいコンサルタントが応募書類をマンツーマンで添削してくれるため、書類通過率が圧倒的に高いです。

書類通過に悩んでいる方は『広告転職.com』を是非利用してみてください。 

 

 

 

終わりに

 

 

いかがでしたでしょうか 。普段生活では広告代理店に触れることがないため、イメージするのが難しいかもしれませんが、これを機会に理解を深め、就職に役立てていただければと思います。