PONPRESS|ポンプレス

本業を趣味に、副業を本業に。自分らしく生きるためにパラレルワークを実践するぽんが運営するブログメディア。自分がお得だと思った情報を発信しています。

PONPRESS

未経験者が広告代理店へ転職するために身につけておきたい3つのこと

f:id:sota-motozu:20190505215321j:plain

 

 

広告代理店に勤めていると転職希望者からよく相談を受けます。その中でも意外と多いのが未経験からの転職。収入が高く、華やかなイメージのある広告代理店はやはり転職市場においても人気があるのでしょうか。

 

 

結論から言うと未経験でも広告代理店へ転職することは可能です。実際、私が勤めている広告代理店にも未経験から部長になった方など多くの方が活躍しています。

 

 

そこで今回は未経験の方が広告代理店に転職するために準備しておきたいことをご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

未経験者が転職するために知っておきたいこと

f:id:sota-motozu:20190129204048j:plain

 

 

経験者でも未経験者でもまずおさえておきたいのが、広告代理店についての基本的な情報です。

 

 

面接で深く聞かれることはあまりありませんが、業界の市場規模や仕事内容などを知っているかどうかで、話せる内容も変わってきますのでしっかりと整理しておきましょう。

 

 

広告業界の市場規模

 

 

2018年時点で日本の広告市場規模は6兆5,300億円となっており、7年連続でプラス成長をしています。その内訳を媒体別で見てみると、マス広告が2兆7,026億円と未だにトップではあるものの前年比96.7%と減少しており、スマートフォンの普及など私たちの生活環境の変化が大きく影響していると言えます。

 

 

その一方で好調なのがインターネット広告。その広告費は1兆7,589億円で前年比の116.5%となっています。これで5年連続2桁成長となり、近い将来マス広告を追い抜くのではないかとも言われています。

 

 

日本の広告代理店売り上げTOP10(2018年版)

  

 

  社名 売上高 種別
1 電通 1兆5615億円 総合広告代理店
2 博報堂(博報堂DYホールディングス) 9470億円 総合広告代理店
3 サイバーエージェント 3717億円 web専業広告代理店
4 ADK(アサツーディ・ケイ) 3528億円 総合広告代理店
5 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム 2083億円 web専業広告代理店
6 大広(博報堂DYホールディングス) 1610億円 総合広告代理店
7 JR東日本企画 1159億円 総合広告代理店(ハウス系)
8 東急エージェンシー 1046億円 総合広告代理店(ハウス系)
9 アイレップ 902億円 web専業広告代理店
10 オプト 826億円 web専業広告代理店

 出典:シンアドより

 

 

現在、日本の広告代理店売り上げTOP10はご覧の通りとなっています。ここで注目したいのはやはりweb専業広告代理店の台頭ではないでしょうか。10年前はランクインすらしませんでしたが、現在は4社もTOP10入りを果たしています。

 

 

各広告代理店の特徴などを知りたい方は、コチラで詳しく紹介していますので是非ご覧ください。

 

 

広告代理店の仕事内容

 

 

皆さんは広告代理店が普段どのような仕事をしているかご存知でしょうか。このような質問をするとほとんどの方が「TVCMなどの広告を作る仕事」「広告枠を買い付ける仕事」といった内容を答えます。

 

 

もちろん広告代理店は上記のような内容も行っていますが、それは数ある業務の中のほんの一部でしかありません。 では広告代理店は一体どのような仕事をしているのでしょうか。それは一言で表すと「クライアントの商品やサービスのマーケティング課題を広告を使って解決する仕事」を行っています。

 

 

例えば企業には「商品が世間に認知されていなく全く売れない」「目標売り上げを達成したい」など様々なマーケティング課題が存在します。それらを解決する為には経営コストの削減や人材の育成など様々な解決手段がありますが、その中でも広告を使ってマーケティング課題を解決するのが広告代理店の仕事です。そのため、対象となるものは商品やサービスが多く、その中でも認知、集客、購買などの領域を担います。

 

 

具体的には、まず現状を把握するため、市場、競合、ターゲットなど対象となる商品やサービスに関するあらゆることを分析します。その後、それらの情報をもとに広告の種類やクリエイティブの内容、どのようなメディアに掲載するかを決定し、実行、検証をし課題を解決していくのです。広告代理店はこれらの各業務で発生する手数料を主な収益にとなります。

 

 

広告代理店ではこれらの業務を主に営業職、クリエイティブ職、マーケディング職の3つが分担して行っていきます。その中でも未経験者に一番チャンスがあるのが営業職です。

 

 

各職種の業務内容を知りたい方は、コチラで詳しく紹介していますので是非ご覧ください。 

 

 

未経験者が転職するために身につけておきたいこと

f:id:sota-motozu:20190505220048j:plain


  

広告代理店の転職では業界経験者が優遇されがちですが、決して未経験者が不利という訳ではありません。そこで未経験者が広告代理店への転職を有利に進めるために、身につけておきたい3つのことをご紹介したいと思います。 

 

 

コミュニケーション能力

 

 

広告代理店で特に必要なのがコミュニケーション能力です。なぜならコンペなどで仕事を獲得するとき、最も重要なのがクライアントの関係性がだからです。

 

 

クライアントと良好な関係を築くことによってコンペの情報をより詳細に入手できたり、趣味嗜好をより正確に把握することができるため、より質の良い提案ができるのです。大手広告代理店になればなるほど、このことを徹底している傾向にあります。

 

 

また、コミュニケーション能力が必要なのはクライアントに対してだけではありません。広告代理店ではより良い提案をするために様々な人とかなりの回数打ち合わせを行います。そこでの議論を有意義なものにするためにもコミュニケーション能力は必須と言えます。

 

 

コミット力

 

 

私の周りにいる未経験者の方々は、前職で何かしら結果を残していることがほとんどです。実力主義の広告代理店だからこそコミット力のある人材が特に求められるのでしょう。

 

 

しかし、コミット力と言っても営業成績No.1など輝かしい実績を残す必要はありません。もちろんあるに越したことはありませんが、重要なのは目標に対してどうすでば結果を出せるか術を知っていることです。

 

 

デジタルの知識

 

 

先でも説明した通りインターネット広告は年々増加傾向にあり、今や企業と顧客とのコミュニケーションには必要不可欠な存在となっているにも関わらず、広告代理店にはその業務を担える人材が不足しているのが実情です。

 

 

そのため、できれば実戦で得た経験が好ましいですが、デジタルの知識を身につけておくことで採用される確度はぐんと上がるでしょう。

 

 

未経験で広告代理店に転職したいならエージェントを活用しよう!

f:id:sota-motozu:20190121185805j:plain



皆さんは広告代理店の転職に強いエージェントがあることをご存知でしょうか。これまで説明してきた広告代理店の情報提供や、履歴書の添削、面接の練習などを無料でサポートしてもらうことができます。

 

 

そんな私も現在所属している大手広告代理店に転職する際、転職エージェントを活用しました。そこで私が特におすすめするエージェントを4社ご紹介するので、本気で広告代理店への就職を考えている方は是非活用してみてください。

 

 

また、エージェントの仕組みを詳しく説明した記事も下記へ掲載しておくので興味のある方は是非読んでみてください。

 

 

 

 

 シンアド

f:id:sota-motozu:20181031175756j:plain

 

 

まずはじめに紹介するのは広告・PR業界に特化したエージェント『シンアド』

 

 

圧倒的な広告業界の情報力

 

 

  "BUDDYZ"という広告業界の交流会を頻繁に開催しているため、そこで集めた鮮度の高い情報をもとに企業の提案を行ってくれます。

僕もいくつか転職エージェントを利用しましたが『シンアド』は群を抜いていました!

転職活動を終えてからも定期的にお付き合いしたいくらいです。

 

 

広告業界出身のコンサルタント

 

 

広告業界出身のコンサルタントが多数所属している『シンアド』。

そのため、業界の雰囲気やネットだけではわからない裏事情を知ることができるもの魅力の一つです。

 

 

 

マスメディアン

f:id:sota-motozu:20181031180055j:plain

 

 

次に紹介するのはマーケティング専門誌"宣伝会議"が運営する『マスメディアン』

 

 

宣伝会議で培ったネットワークが強み

 

 

皆さん、"宣伝会議"をご存知でしょうか。

広告やマーケティング情報を専門に取り扱っており、講座や広告賞なども行っている広告業界ではかなり有名なメディアです。

『マスメディアン』では宣伝会議で培った業界の人脈や情報ネットワークを最大限に活かしたコンサルティングが特徴です。

 

 

 専門分野別の求人

 

 

広告業界と言ってもあらゆる業種や職種があります。

例えば下記です。

 

 

▼業種

総合広告代理店、web広告代理店、PR会社、制作会社など

 

 

▼職種

営業、プロデューサー、ディレクター、デザイナー、コピーライターなど

 

 

まだまだ挙げればきりがないですが、『マスメディアン』では業種や職種に絞って求人の検索ができるため、あなたの目指すキャリアの求人を見つけることができます。 

 

 

 

ワークポート

f:id:sota-motozu:20181031181035j:plain

 

 

転職決定実績No.1を誇る『ワークポート』

 

 

IT・WEB業界の転職に強い

 

 

ワークポートはIT・WEB業界に強い転職エージェントです。

そのため、サイバーエージェントやオプトなどWEB系の広告代理店へ転職したい方におすすめのエージェントです。

 

 

きめ細かいサポート

 

 

ワークポートの口コミを調べると「丁寧なサポートがとても良かった」「対応が素早い」などといった意見を多く目にします。

このきめ細かいサポートが転職決定実績No.1の理由なのかもしれませんね。 

 

 

 

広告転職.com

f:id:sota-motozu:20181031180806j:plain

 

 

長年、広告業界で転職を支援する老舗『広告転職.com』

 

 

独占求人が多い

 

 

広告転職.comでしか取り扱っていない独占求人が多く存在します。

また、一般的に公開されている求人に比べ、高待遇なものや業界未経験者OKの求人も多く含まれているのが特徴です。

 

 

書類通過率が高い 

 

 

『広告転職.com』は業界に詳しいコンサルタントが応募書類をマンツーマンで添削してくれるため、書類通過率が圧倒的に高いです。

書類通過に悩んでいる方は『広告転職.com』を是非利用してみてください。 

 

 

最後に 

 

 

 いかがでしたでしょうか。未経験からの転職でも入社後活躍されている方は多くいます。興味のある方は転職エージェントなどを駆使しながら是非チャレンジしてみてください。