PONPRESS|ポンプレス 広告をもっと、身近に、わかりやすく

本業を趣味に、副業を本業に。自分らしく生きるためにパラレルワークを実践するぽんが運営するブログメディア。自分がお得だと思った情報を発信しています。

PONPRESS

【3分でわかる】CTR(クリック率)とは

f:id:sota-motozu:20190820203502j:plain



広告やマーケティングの仕事をしていると、必ずと言っていいほど目にするのがCTR(クリック率)という用語。

 

しかし、初めて広告やマーケティングに携わった方にとっては、何のことを言っているのか全くわからないと思います。また、意味が曖昧のまま使っている方も意外と多いのではないでしょうか。

 

そこでこの記事ではCTR(クリック率)の意味や計算方法など基本的な内容を解説していきます。

 

この記事をまとめると

■CTRとはweb広告で使われる用語

■CTR=クリック数÷表示回数

■平均CTRは条件によって異なる

 

 

 

CTRとは? 

 

 

CTRとはClick Through Rateの頭文字をとった略のことで、主にwebのリスティング広告、バナー広告、動画広告、オーディオ広告などで使用されます。クリック率とも呼ばれ、文字通り表示された広告がどの程度クリックされたかを示しています。

 

web広告はマス広告(TVCM、ラジオCM、新聞広告など)と異なり、広告をクリックすることで自社サービスのサイトに誘導させることが可能です。そのため、 CTRはweb広告において重要な指標の1つであり、CTRが高いほど広告の効率がよいとされます。

 

 

CTRの算出方法

 

CTR=クリック数÷表示回数(×100)

 

例えば広告を10,000回表示し、100回広告がクリックされた場合CTRは1%となります。

 

 

CTRの平均

 

 

ちにみに、WordStreamの発表によるとリスティング広告とディスプレイ広告の平均CTRは下記となっています。

 

 

リスティング広告

 

業界  平均CTR
デート・出会い 6.05%
旅行・観光 4.68%
擁護団体 4.41%
自動車 4.00%
教育 3.78%
不動産 3.71%
健康・医療 3.27%
法律 2.93%
金融・保険 2.91%
Eコマース 2.69%
産業サービス 2.61%
家庭用品 2.44%
求人 2.42%
消費者サービス 2.41%
B2B 2.41%
技術 2.09%

  参考:WordStream

 

 ディスプレイ広告

 

業界  平均CTR
デート・出会い 0.72%
旅行・観光 0.47%
擁護団体 0.59%
自動車 0.60%
教育 0.53%
不動産 1.08%
健康・医療 0.59%
法律 0.59%
金融・保険 0.52%
Eコマース 0.51%
産業サービス 0.50%
家庭用品 0.49%
求人 0.59%
消費者サービス 0.51%
B2B 0.46%
技術 0.39%

  参考:WordStream

 

業界や商材によって異なる

 

 

上記のようなデータがありますが、実際は広告の業界、サービス、クリエイディブ、媒体などによって大きく数値が異なります。そのため、サービスごとにCTRの指標を設定し、PDCAを回していくことが必要です。

 

 また、広告代理店などに広告の出稿依頼すると、過去の実績をもとにCTRなどの数値をシュミレーションを行ってくれるため、そちらを参考にするのも良いでしょう。